【転職アドバイス】ドラマ半沢直樹に学ぶ、仕事に対する価値観とは!?<おすすめサイト紹介>

◎転職を数回経験したサラリーマンが、失敗しない転職活動をアドバイス!人気ドラマ半沢直樹を例に解説します。

f:id:Dragonshiryu:20200811145730j:plain

ドラマ半沢直樹の一場面

先日、人気ドラマ半沢直樹・第4話が放送されましたね。

その中で、半沢(堺雅人さん)と森山(賀来賢人さん)の熱いやりとりを覚えてますか?

半沢「企業は顧客の利益を重視しないといけない、強いては社会への貢献を・・・」

森山「何だか当たり前のこと言っているようですが、深いですね」

 

夜のビル前でのこのシーン。一見繋ぎの場面のように見えますが、実は半沢の本音が出た貴重なシーンだと思います。

社会経験が長いと、本人の意図とは反して自分の損得で行動してしまったり、自社の利益だけを優先してしまうことがあります。

 

そもそも利益とは何か!?

それは、顧客の利益に対する対価だと思います。

 

自社の売上アップを求めるなら、まず自社の製品・サービスが社会へどのような価値(バリュー)を提供できるかを考える必要があります。また、その対価は値段が高すぎても安すぎても、その契約自体が長続きしません。

近年、Saas型サブスクモデルが利益創出の主流になっていますが、正にこの原理基づいているからだと思います。

f:id:Dragonshiryu:20200811145804j:plain

場面は変わって、スパイラル社長の瀬名(尾上松也さん)から役員として転職の誘いを受けた森山(賀来賢人さん)は、その誘いを断りセントラル証券に残ることを決断します。

普通に考えると、役職も上がり(おそらく給料も大幅UP)、旧友と一緒に仕事が出来る環境を断ってしまった森山について、

「何てもったい無いことをするんだ・・(>_<)」

と思った視聴者も多かったと思います。

 

では、なぜ森山はそのような決断をしてしまったのか・・!?

それは個人の仕事に対する価値観に関係しているように思われます。

仕事に求める価値とは!?

それでは、仕事に求める価値とは何でしょうか。人それぞれで、定義付けするのは難しいと思います。

ただ、仕事選びの基準は、大枠以下の5パターンに分かれるのでは無いでしょうか?

 

①やりがい

仕事内容自分の適性を重視する方は、やりがいを重視するでしょう。例えば、「エンジニアとしてスキルアップしていくのが楽しい」とか、営業として顧客の課題解決していくことにやりがいを感じるなど。


②自己目標との同一性

・予め将来の起業や目的が決まっている人は、その目標へ向けた過程としてスキルを身につける必要があります。経営や企画の勉強は、大学の勉強だけでは制限があるので、現場の実体験を通じて学ぶと効率が良いです。

そういう方は、将来の目標達成のために必要なスキル習得を、仕事に結び付けているパターンだと思います。


③社会的ステータス

・誰もが知っている大手企業での就職など、社会的ステータスや知名度を重視するパターンです。その組織で働くことにプライドを持ち社会貢献することが、モチベーションに繋がることもあると思います。どんなに辛い状況でも乗り越えていける原動力にも繋がっているのだと思います。


④給料

・例えば年収など、自分の生活のベースとなる給料を重視する方もいるでしょう。誰でも高年収で生活を豊かにしたいと思いますよね。これまで社会経験を通じて、決してお金が全てではありませんが、お金があればある程度の事は叶えられると思われます。


⑤人間関係

・会社の上司や同僚との人間関係を重視するタイプです。仕事とは、人生の多くの時間を費やします。家族よりも一緒に過ごす時間が多い人もいるでしょう。

やはり、長く時間を過ごすメンバーとの人間関係や相性は大切ですよね。職場環境によって、自分が発揮できる仕事のパフォーマンスも違ってくることがあります。

f:id:Dragonshiryu:20200811151731j:plain

上記5つの軸をベースに、A社とB社の比較イメージを作成してみました。

あなたなら、A社・B社どちらに魅力を感じますか?

f:id:Dragonshiryu:20200811141343p:plain

仕事において、やりたいことや将来の夢が決まっており、仕事内容を重視する人は「A社」に魅力を感じるでしょう。

一方、社会的ステータスや高年収を望む人は「B社」を選択すると思います。

職業選択において、①~⑤どれか一つが100%の基準では無く、①が50%、②が30%、④が20%といったかたちで優先度により割合が分かれるイメージです。

 

それでは、私の経験をもとに、就職・転職活動で失敗しないための解決法をアドバイスしていきたいと思います。

①やりがいを重視する人

仕事内容について、複数ソースから情報収集する。

入社後の仕事内容は、複数の情報源を探る必要があります。企業発信の求人募集なども参考になりますが、あくまで情報発信側のアピールです。

他の情報ソースとして、OB・OG訪問が可能であれば直接話を聞いてみる、また面接の過程で現場担当者へヒアリングの時間をもらい、詳細を聞いてみるといいでしょう。

 

②自己目標との同一性

最終目標とする業界・職種の先輩に話を聞く。

将来の目標が決まっている方は、既に目標を達成している先輩に、どのようなスキルが必要か、どのような経験が役に立つかを聞いてみるといいですね。

また、業界セミナー等があれば、参加することでも情報取集は可能だと思います。

 

③社会的ステータス

転職エージェントを通じて、企業の求人需要を確認する。

③を重視する方は、ある程度方向性が固まっていると思うので、まずは対象企業がどのような職種を募集しているのか(需要が高いのか)、調べてみるといいでしょう。

その場合、転職エージェントは複数案件をかかえ企業動向を熟知しているので、転職サイトへの登録をお薦めします。

 

④給料

企業の人事担当者へ率直に聞く。

企業の人事担当者は、社内メンバーが働くための環境整備をミッションとして、日々取り組んでいます。求人応募後の面接などで、その会社の給与体制や同年代の平均年収など、率直に質問してもいいと思います。

また、「OpenWork」や「転職会議」といった企業口コミサイトも参考にしてみるといいでしょう。

 

⑤人間関係

企業内部の先輩やOBに話を聞く。

人間関係については、なかなか面接の場では分からないですよね。面接官が近しい先輩や上司であれば話を聞くことは出来ますが、ネガティブな意見は言い辛いものです。

企業内に先輩やOBがいる方は、飲みに行くなどしてフランクに話せる時間を作ってもらうのもいいかと思います。

また、「OpenWork」や「転職会議」にも現職・退職者のメッセージが書かれているので、参考にしてみるのもいいと思います。 

最期に私の経験を踏まえて、おすすめ転職サイトをいくつか紹介しておきます。

興味のある方は、情報取集を兼ねて活用してみて下さい!

 

リクナビNEXT

パソナ

ビズリーチ

【ホールハート】

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

【ビジネス視点】もし戦国武将が社長だったら!?織田信長・武田信玄・上杉謙信・伊達政宗のMVV

◎多くのビジネス企業は、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)に基づいて、日々事業活動を行っています。

戦国大名が、令和ビジネスの時代に株式会社を経営していたら?」織田信長武田信玄上杉謙信伊達政宗を例に、勝手にMVVを考えてみました。

f:id:Dragonshiryu:20200717125912j:plain
MVVとは?

「ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)」は、オーストリア経営学ドラッカーにより組織の存在意義や社会的なポジションを示すための方法として提唱され、現代ビジネスの場でも広く浸透しております。

MVVを通じて、経営理念を社会や従業員、各ステークホルダーへ伝えることで、継続的な事業活動や組織方針を維持することが目的として挙げられます。

f:id:Dragonshiryu:20200714140525p:plain

【MVVのイメージ】

では、もし戦国武将がビジネス会社の社長だったら、どのようなMVVを提唱したでしょうか!?彼らの行動と性格から、勝手に想像してみました。

株式会社「織田信長

【MISSION】

世界を視野に入れた天下統一の実現(脱!日本)

VISION

天下布武(天下を武力で平定する)

VALUE

・不要な旧制度の排除と、イノベーション(革新)を実現する。

経済政策を重視し、商業の促進による貨幣の流通を実現する。

実力主義による組織を作る。(成果には見合った報酬、失敗には制裁を!)

f:id:Dragonshiryu:20200714143033p:plain

織田信長

織田信長は、「天下布武」をスローガンに天下統一へ向け政策を進めました。

この「天下布武」が使用され始めた時期ですが、桶狭間の戦い今川義元を倒し、信長が美濃(岐阜)の斎藤氏を攻め滅ぼした後の比較的初期ステージだったようです。

領土が広がった後に「天下を統一する!」と宣言したのでは無く、中規模レベルの時点で使用したスローガン(決意表明)と考えられるでしょう。

有言実行タイプですね!

 

行動指針(VALUE)として、室町幕府15代将軍・足利義昭の追放や、比叡山延暦寺焼き討ち等、古い概念に縛られないイノベーション(革新)政策を実行しています。

また、織田信長は経済政策についても「楽市楽座(商売の自由化)」や、戦国大名間で茶会をはやらせることで茶器に高価な値段を付け、貨幣の流通を促しています。

茶会は、今のビジネスで言うと、会食やゴルフ接待に近いイメージでしょうか。

 

ミッションで「天下統一」を挙げましたが、彼の言う”天下”がどこまでを指すのか?南蛮貿易で広く世界を見据えていたところもあり、アジア地域~全世界が彼の目指す天下だったのかもしれませんね。

明智光秀にの裏切りにより、織田信長は”志半ば”で本能寺で討死してしまいましたが、その後の行動を見てみたかったと思うのは私だけでしょうか。。

f:id:Dragonshiryu:20200714164046j:plain

株式会社「武田信玄

【MISSION】

”人”を基盤とした天下統一による強固な社会の実現

VISION

京都上洛による武田幕府の樹立

VALUE

人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇(あだ)は敵なり。

・「風林火山」に則った戦闘をおこないます。

・確かな情報の入手と、策略を最大限活用した戦いを実施します。

f:id:Dragonshiryu:20200714144908p:plain

武田信玄

武田信玄は、人材と組織を重視しています。人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇(あだ)は敵なり。の言葉に代表される通り、人材こそ国の基盤と考え、一生涯において大きな城郭を持つことはありませんでした。

織田信長が豪華絢爛な安土城を築城しましたし、上杉謙信は難攻不落の春日山城を居城としています。武田信玄は、代々引き継がれた館(躑躅ヶ崎館)を本拠地としており、他大名の城郭に比べると見劣りしてしまいます。

おそらく、海に接していない甲斐(現在の山梨県)は守る土地ではなく、攻めるべき土地だと考えていたのかもしれません。

f:id:Dragonshiryu:20200714163324j:plain

武田神社躑躅ヶ崎館跡地)

武田氏の家系は清和源氏の流れを汲んでおり、京都上洛の後は幕府を開くことを視野に入れてたと思われます。

行動指針(VALUE)については、孫子の「風林火山」を旗印に掲げている通り、

疾 (はや) きこと風の如く、徐(しず) かなること林の如く、侵略(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し

を組織に浸透させていました。

 

京都上洛を目の前にして、病に倒れてしまった武田信玄ですが、もし長生きしていたら?天下を取っていたのは、彼だったのかもしれませんね。

織田信長にとって、彼の急死は天の助けに感じたことでしょう。。

株式会社「上杉謙信

【MISSION】

毘沙門天の化身として、”義”による天下泰平の実現

VISION

足利幕府再興を目指し、傲慢な他国武将を排除する

VALUE

に反する行動は許さない。

・朝廷、幕府を尊び、規律ある行動をとる。

・弱者には手を差し伸べ、悪者には容赦ない制裁を下す。

f:id:Dragonshiryu:20200714165202p:plain

上杉謙信

上杉謙信は、軍神と言われる通り、毘沙門天(四天王の一人で、北方の守護神)を崇拝した人物です。旗印には、「毘」の文字を掲げています。

義に厚く、秩序を守る、武士の鑑のような人ですね。

信濃の豪族が武田信玄に攻められ助けを求めてきた時、迷いなく手を差し伸べています。また、敵に塩を送るの故事で有名なように、敵である武田信玄を苦しめる経済封鎖(生活必需品である塩の輸送を止めること)を潔しとせず、援助しています。

 

VISIONに関しては、室町幕府の役職である関東管領として勤める等、幕府への敬意を忘れていません。幕府再興に貢献することが、彼の””であると考えていたと思われます。

川中島の合戦武田信玄と激闘を繰り広げた上杉謙信ですが、VISIONに関して大きな違いがあったようですね。

 

余談ですが、毎年4月末~5月にかけて、山形県米沢市で「上杉米沢まつり」が開催されています。上杉謙信の後を継いだ上杉景勝(かげかつ)の時代に上杉家が米沢へ移転となりましたが、現在でも米沢の地で「川中島の合戦」が再現されています。

甲冑を着た市民達が、迫力満点の合戦を繰り広げます。私も一度見学させて頂きましたが、戦国ファンとしては感慨深いものがあります。皆さんもぜひ!

f:id:Dragonshiryu:20200714180815j:plain

米沢上杉まつり

f:id:Dragonshiryu:20200714180853j:plain

迫力ある鉄砲隊シーン

最期にもう一人、東北の暴れん坊・独眼竜正宗について書きたいと思います。

株式会社「伊達政宗

【MISSION】

ユーモアのある社会と天下統一への貢献

VISION

東北地方を基盤とした、伊達家領土の最大化

VALUE

・どんな状況でも諦めず、最大のパフォーマンスを発揮する。

・TPO(時間・場所・機会)を考えた行動をする。

・常に心には野望と闘志を秘め、ユーモアのある行動を心がける。

f:id:Dragonshiryu:20200715133152p:plain

伊達政宗

伊達政宗ほど、面白い戦国武将はいないと思います。

子供の頃に病気で右目を失い、また家臣の裏切りにより、家督を継いで間もなくで父(伊達輝宗)を失っています。秀吉や家康に比べ年下のため、「もう少し早く生まれていれば、天下を取れた」と言われた彼ですが、生き様はユーモアに富んでいます。

 

豊臣秀吉による小田原城討伐の際、参陣命令に遅れをとった政宗は、白装束切腹の時に着る服)で秀吉と対面しています。

また、同じ秀吉の家来である蒲生氏郷(かもううじさと)に対し、裏で一揆を扇動して苦しめたと疑われた時は、黄金の十字架を背負って上京したと言われています。

 

また、慶長遣欧使節として支倉常長などをスペイン・ローマへ派遣し、貿易を積極的に進めています。これは1613年頃の出来事ですが、この時政宗

まだ天下統一を諦めていなかったのではないか・・

という説もあります。

あと10年早く生まれていれば、天下を取れた

など、彼の周りには面白い話題で溢れています。

個人的には、渡辺謙さんが20代の時に演じた大河ドラマ独眼竜政宗」が一番好きですね!その中で、政宗のことを「まるで織田信長のようだ」と例えるシーンがありましたね。

奇抜な発想と気性において、共通する部分があったのかもしれません。

こちらの記事も、宜しくお願いします。

【戦国武将シリーズ】織田信長のどこがスゴイ?ビジネス風に考えてみたBlog - Dragonshiryu’s blog

【三国志シリーズ】三国志って何がおもしろい!?ビジネス視点も交えて解説してみたBlog - 【ビジネスx歴史xアニメ】Dragonshiryu’s blog

【キングダム】ビジネスマンが考える李牧・王騎 - 【ビジネスx歴史xアニメ】Dragonshiryu’s blog

 

 #戦国武将 #ビジネス #織田信長 #武田信玄 #上杉謙信

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

【ビジネス視点】三国志って何がおもしろい!?エピソード・ビジネスを交えて解説してみたBlog

◎「三国志」って何がおもしろいの?素朴な疑問にビジネス視点を交えて、分かりやすく簡単に解説!

なぜ「三国志」は人気なのか?映画やゲームでお馴染みの「三国志」の魅力を、ビジネスや事例を交えて紐解いていきます。

f:id:Dragonshiryu:20200713134251j:plain
三国志」の時代って、いつ頃だと思いますか?

漫画「キングダム」の始皇帝(嬴政)の時代から、更に約400年後の話なんです。

そのころ日本は、邪馬台国卑弥呼がいた弥生時代ですね。中国の歴史って、奥が深いですよね。。

三国志には大きく2種類あり、歴史書としてまとめられた「正史」と後に文学作品としてまとめられた三国志演技」があります。一般的に「三国志」と言われ人気が高い三国志演技」をベースに話していきます。

 

周りの友達が三国志って面白いよ!」とか、会社の上司が三国志はビジネス戦略に使える」と言われても、なかなか手が出ませんよね・・

いきなり活字で小説読むのもイメージ沸かないし、横山光輝先生のマンガも全60巻あるし、DVD版「三国志 Three Kingdoms」は全95話もあります。

ですので、私が面白いと思う点を簡単にまとめてみました。もし興味があれば、書籍やDVDで気になるポイントを掘り下げて、ビジネスシーンでも戦略を役立ててみて下さい。

 

おもしろポイント

①三国【魏・呉・蜀】の駆け引きとドラマ

②魅力的な武将たちとエピソードがたくさん

③ビジネスや私生活でも使える教訓・名言(ことわざ等)

④映画・漫画・ゲーム等、いろんな三国志に出会える

それぞれ簡単に解説していきます。三国志は長編大作のため、一部エピソードのみ(おもしろい部分)の紹介になりますが、ご容赦下さいm(__)m

f:id:Dragonshiryu:20200713134458j:plain

引用:映画「レッドクリフ」DVD&ブルーレイ特別サイト(壁紙)より

三国【魏・呉・蜀】の駆け引きとドラマ

まず、三国とそれぞれの君主について、簡単に解説していきます。

【魏】・・・曹操(そうそう)

⇒元々は地方の警察部長の役職でしたが、実力と才能で魏の大国を立ち上げた人です。

多才な戦略とリーダーシップを持つ人物で、以下のような名言が残ってます。

「我、人に背けども、人、我に背かせじ(私が人を裏切ったとしても、人には私を裏切らせない)」

なかなかの自信家ですよね(>_<) ビジネス視点で考えても才能がある自信家!戦国武将で言うと、織田信長のようなイメージでしょうか。

曹操のおもしろいところは、文献によって見方が全く異なる点です。横山光輝先生のマンガ「三国志」では、冷酷でスマートな戦略家として描かれ、マンガ「蒼天航路」では、多彩でユニークなキャラクターとして魅力的に描かれています。

一方、映画「レッドクリフ」等では、劉備の敵役として登場してますね。ここまで作品で描写が別れる人物は、少ないと思います。

 

【呉】・・・孫権(そんけん)

⇒若い時期に父親(孫堅)と兄(孫策)を亡くし、家を継いだのは18~19歳という若さでした。中国の長江が流れる豊かな地域(江東)を治めた名君として知られてます。

ビジネス視点で言うと、外交と人材採用に長けた人だったようです。

早い時期に父を戦闘で亡くし、そのあと家を継いだ兄も刺客に襲われた傷が原因で26歳で死んでいます。

急に家督を継ぐことになった若い孫権ですが、周りの武将たちに支えられながら国を盛り立てていった姿が想像できますよね。

 

【蜀】・・・劉備(りゅうび)

⇒「三国志演技」では、主役として描かれています。

物語のスタートで、関羽張飛と3人で「義兄弟の盃」を交わします。桃園(桃の木がある庭)で兄弟になることを誓った出来事で、「桃園の誓い」と言われてます。少し長いですが、名言を紹介します。

誓いの言葉

「我ら三人、姓は違えども兄弟の契りを結びしからは、心を同じくして助け合い、困っている者たちを救おう。上は国家に報い、下は民を安んずることを誓う。同年、同月、同日に生まれることを得ずとも、願わくば同年、同月、同日に死せん事を」

 

生まれた日は違っても、死ぬ日は同じという気持ちで国と人民のために頑張ろう!という決意表明です。意識高いですよね~

ビジネス的に例えると、カリスマ社長でしょうか。魅力的で人徳がある人だったようです。他にも、部下である五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)との出会いなど、おもしろいエピソードが満載です。

 

以上の通り、三国にはそれぞれの物語があり、また絶妙な勢力のバランスを保ち成り立っていたのが三国時代です。

ある時は呉と蜀が同盟を結び、ある時は戦争し、またある時は魏と呉が戦略的同盟を結んで蜀と戦う時期もあります。この三国も、初期は多くの小国が淘汰され、3つの国にまとめられていきました。

ビジネス視点で言うと、携帯3大キャリア(docomoausoftbank)に近いイメージかもしれません。知れば知るほど、おもしろさが増していく・・三国志の醍醐味です。

魅力的な武将たちとエピソードがたくさん

三国志には、多くの魅力的な武将が登場します。周りの友人に誰が”押し”か聞いてみて下さい。バラバラだと思います。

全てを紹介できないので、いくつか武将とエピソードを絞って書いていきます。

 

最強の戦闘力・呂布

まだ三国にまとまっていない後漢の時代に、「呂布(りょふ)」という武将がいます。

最強の戦闘力に加え、赤兎馬(せきとば)という最速の馬に乗り、最強の武器である方天画戟(ほうてんがげき)の使い手です。キングダムで例えると、龐煖(ほうけん)のような男です。

上に紹介した劉備関羽張飛の3兄弟が、虎牢関の戦いで3人同時に襲い掛かっても倒せない程でした。

その呂布も、悲しい最期を辿ります。部下の裏切りにより曹操の手で死刑されるのですが、その背景で絶世の美女と言われた恋人・貂蝉(ちょうせん)との恋愛ドラマが繰り広げられます。

 

当時政権を握っていた暴君・董卓(とうたく)という男がいました。

独裁政治を憂いていた王允(おういん)と言う人物が、この貂蝉(ちょうせん)を使って董卓呂布を戦略的に仲違いさせます。結果的に呂布董卓を裏切り殺害し、その後罪の意識に悩んだ貂蝉(ちょうせん)は自殺してしまうという悲劇が起こります。

作品により貂蝉の描かれ方は異なりますが、悲劇的なストーリーは涙を誘うシーンとなっています。

三国志において、この董卓殺害への作戦を「連環の計(れんかんのけい)」と言いますが、現代ビジネスにおいても強者への戦略的対抗策のヒントが隠されてるかもしれませんね。ハニートラップ的な行動は、少々卑怯な気もしますが・・ 

 

このように、呂布は愛に一途な最強の武人だからこそ、今でも多くのFANを魅了しています。三国志のおもしろさは、脇役が主役を上回る魅力的なエピソードを備えている点だと思われます。

ビジネスシーンにおいても、普段厳しい鬼上司が、家族の写真をデスクに置いてると安心するのは僕だけでしょうか。。

f:id:Dragonshiryu:20200713191145p:plain

逆転の一大決戦!赤壁の戦い

三国志で最も有名と言っていい戦いが、「赤壁の戦い」です。映画「レッドクリフ」の舞台となった戦いですね。

ご存じの通り、約100万と言われた曹操の大軍を、10万足らずの呉・蜀の連合軍が撃退した戦いです。(人数については、諸説あり)

ここで活躍するのが、稀代の天才軍師・諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)三国志一の美男子と言われた周瑜(しゅうゆ)です。二人の軍師の知力と戦略により、船上の曹操軍を火計(火を使った策略)で撃退したドラマチックなストーリーです。

船上で曹操が負かされた後も、孔明の策により逃げる曹操軍は死を覚悟するまで追い詰められます。孔明の戦略と先を読む力は、現在のビジネスの場で最も求められるスキルではないでしょうか。三国志の中でも、最もおもしろいエピソードと言えます。

当時の時代において、風水や天文学にも通じていたようで、その能力が先を読む力と戦の勝利に十分に生かされています。

 

この劉備による呉(孫権)と同盟することで魏(曹操)に対抗する作戦は、孔明が唱えた名言である「天下三分の計(てんかさんぶんのけい)」に基づくものです。

現代ビジネスの場においても、市場シェアを占有する強者への対抗手段として、戦略面でヒントとなる部分があるのでは無いでしょうか。

 

 

孔明司馬懿(しばい)の戦い

三国志の後半に、司馬懿仲達(しばいちゅうたつ)という男が登場します。

曹操の国・魏において、曹操の死後も、曹操曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)と2代目3代目にも使えた人物で、孔明とはライバルとして何度も戦いました。

孔明に負かされた失敗談が有名ですが、名言を交え2つ紹介しましょう。

 

◇「空城の計

魏と蜀の戦いにおいて、孔明が不利となり城に籠った時の話です。司馬懿が追いかけ城に到着すると、城門は空けられたまま兵隊の姿が一人も見えませんでした。

「これは孔明の罠だ(>_<) 無防備に見せて、中には罠が用意されているに違いない!!」

と、彼は退却してしまいます。実は、これは孔明の戦略で罠は準備しておらず、裏をついて司馬懿を退却させたというオチです。

この戦略は、あの徳川家康武田信玄に大敗した「三方ヶ原の戦い」でも実践してますね。孔明の知恵は、遠い日本の戦国時代でも生きていたようです。

 

◇「死せる孔明生ける仲達を走らす

孔明五丈原の戦いの最中、過労と衰弱により病没してしまいます。孔明の死を悟った司馬懿は、攻撃のチャンスだ!と蜀軍に攻め込みます。

しかし、生前に孔明が作らせた彼の木像を見て

孔明は生きてるのか・・!?」

と撤退してしまうのです。孔明は死んだ後も戦略を巡らし、魏軍を苦しめた訳ですね。

このように、おもしろおかしく描かれている司馬懿ですが、実は晩年に大活躍します。三国志の後の話ですが、彼の孫・司馬炎によって中国の王朝「晋(しん)」が建国されます。長く続いた三国時代の勝者は、司馬懿の子孫だった訳です。

ビジネスシーンで例えると、辛い仕置に耐えて耐えて・・最後に”半沢直樹”顔負けの「倍返し!!

そこが、三国志のおもしろいところですよね!(>_<)

「倍返しだ!」も、令和の時代に残る平成の名言の一つです。

ビジネスや私生活でも使える教訓・名言(ことわざ)

上に紹介した2つの他にも、教訓となることわざ・エピソードがいくつかあります。追加で2点紹介します。

 

◇「三顧の礼(さんこのれい)

有名な天才軍師・孔明が、蜀の劉備に仕えるきっかけになったエピソードです。

劉備は、「これから戦国の世をどう生きていけばいいのか?」「優秀な部下は集まってきたのに、領土や城が持てない・・」と悩んでいました。

そこで、当時「伏龍(池の中にひそみ昇天の時機を待っている竜)」と噂されていた孔明に会いに行きます。ところが、孔明は留守で会うことが出来ませんでした。

2回目の訪問も不在で、3回目でやっと会うことができ、蜀の軍師として仕えることになります。

ここから、目上の人が格下の者の許に三度も出向いてお願いをするという故事が生まれました。これにより、劉備は蜀の国を手に入れ、赤壁の戦いでも大勝利するのです。

 

当時はインターネットも電話もありませんから、アポ無し訪問だった訳ですね。また、現在ビジネスでの採用面接は、2~3回企業を訪問することが多いですが、三顧の礼では社長が3回家に会いに来たイメージですね(>_<)

 

◇「泣いて馬謖を斬る(ないてばしょくをきる)

三国志の後半で、蜀に馬謖(ばしょく)という武将がいました。

彼は孔明が弟子として可愛がっていた人物で、かなり優秀で智謀と戦略に長けた人だったようです。ある日、魏を攻める際に一軍を任されましたが、自分の知略を過信して孔明の命令に背き、大敗を喫してしまいました。(街亭の戦い

この責任をとり、馬謖は処刑されることになります。最愛の弟子である馬謖の処刑に踏み切るにあたり、孔明は泣きながら軍律遵守を優先したというエピソードです。

 

国を支える立場である孔明は、私的な感情よりも軍隊の規律を守ることを優先したんですね。。現代ビジネスの場でも「コンプライアンス法令遵守」が叫ばれていますが、当時1,800年前の中国で孔明コンプライアンスの重要性を説いていたのです。おもしろい、というよりも尊敬してしまいますね。

f:id:Dragonshiryu:20200713191220p:plain

映画・漫画・ゲーム等、いろんな三国志に出会える

現在社会において、色んな「三国志」と出会うことが出来ます。

各作品ごとに表現の仕方が違うので、その違いを楽しんでみるのも一つの醍醐味であり、おもしろいポイントだと思います。

 

映画は、ジョン・ウー監督による赤壁の戦いを舞台にした「レッドクリフ」や、総製作費25億円をかけた大作「三国志 Three Kingdoms」がDVDで発売されています。

レッドクリフ」では、孔明役を金城武さんが演じてましたね!

注目なのが、勇者ヨシヒコシリーズで有名な福田監督の映画『新解釈・三國志』が2020年12月11日(金)に公開予定です!

キャスティングも絶妙なので、乞うご期待です。(敬称略)

劉備・・・大泉 洋(緩さが最高!)

孔明・・・ムロツヨシ(絶対おもしろい!)

呂布・・・城田 優(イケメン)

孫権・・・岡田 健史

周瑜・・・賀来 賢人

shinkaishaku-sangokushi.com

漫画においても、横山光輝先生の「三国志」では、三国志演義のストーリーが詳細に表現されています。ビジネスシーンに例えた日経電子版の大喜利CMや、おもしろポスター名言でお馴染みの絵ですね!

また、講談社より発売の「蒼天航路」は、曹操を主人公に臨場感溢れる豪快なストーリーが展開されています。

 

 

ゲームに関しては、コーエーテクモゲームスから発売の「真・三國無双シリーズ」は、自分が戦場でホントに戦っているような感覚でイケメン武将を操作することが出来ます。おもしろさに加え、ストレス解消にもお薦めです!

数多くの名言により書籍化されている三国志ですが、こちらの電子書籍でも横山マンガは購入可能です。興味ある方はぜひ!

 

どうでしょう。少しは「三国志」に興味が湧いてきましたか?

他にも、「キングダム」「織田信長」の記事も宜しくお願いします。

【キングダム】ビジネスマンが考える李牧・王騎 - 【ビジネスx歴史xアニメ】Dragonshiryu’s blog

【戦国武将シリーズ】織田信長のどこがスゴイ?ビジネス風に考えてみたBlog - Dragonshiryu’s blog
dragonshiryu.hatenablog.jp #三国志 #ビジネス #劉備 #曹操 #孫権 #孔明 #呂布 #レッドクリフ #新解釈・三國志 #ムロツヨシ #大泉洋 #キングダム

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

【織田信長の何がスゴイ!?】ビジネス視点で戦国武将を分析してみたBlog

◎戦国武将「織田信長」を、ビジネスマン視点で分析してみました。

なぜ尾張(現在の名古屋)の小大名だった織田信長が、日本の大半を支配するまでに成長したのか? 歴史を分かりやすく、紐解いていきます。

f:id:Dragonshiryu:20200717123302j:plain

織田信長像】

◆3つのポイント(強み)

f:id:Dragonshiryu:20200710183259p:plain
それぞれ解説していきたいと思います。

①資金(お金持ちだったこと)

戦国乱世において、お金は命に関わる最大の武器です。現代でもお金の大切さは変わりませんね。織田信長は、当時主流であった「永楽通宝」を自軍の旗印にしています。

Q:では、なぜお金持ちだったのか?

A:熱田、津島、堺など大商業都市(交通・交易で栄えていた)を抑えており、税金を確保できたから

です。一部は信長の父(信秀)の代から受継がれたものでした。

織田信長が強いのは、その生い立ちにも理由があったのかもしれません。

 

この資金力が、ダイレクトに軍事力に反映されます。

尾張の小国から、美濃(岐阜県)の斎藤氏を滅ぼし、近江(滋賀県)→京都へ巨大な軍事力を持って上洛することが出来たのか、背景には経済力があったと考えられます。

後に、当時日本一の経済都市・堺にも、多額の税金を要求しています。

その他、武田軍を破った「長篠の戦い」で、高価な鉄砲を3,000丁も揃えられたこと。また、戦闘を専門とする軍隊を編成出来たことが挙げられます。

当時の兵隊は、半農半民で田植えや稲刈りの時期は、戦えない国もあったようです。

織田信長は、兵農分離を実践し専門部隊を常備していました。

 

今で言うと、普段サラリーマンで土日に草野球をしているビジネスマンチームと、プロ野球チームが試合するイメージでしょうか。

現代ビジネスでも、会社の事業運営において株主からの資金調達と優秀な人材採用・育成は重要です。 ビジネスとの共通点を感じますね。

信長もその資金力を背景に、天下統一への道を進んで行くこととなります。

f:id:Dragonshiryu:20200717123358j:plain

余談ですが、当時のお金は、令和の時代とは少し違ってたようです・・

今は「円」で日本全国共通の価値で買い物できますが、当時は各地の戦国大名が独自にお金を発行することもありました。織田信長の少し後の徳川家康の時代に、全国一律に通用する金・銀・銅貨が制定されたようです。

なので、戦国時代初期は、自分の国の大名が戦で負けてしまった場合、自国の通貨価値が暴落することもあったようです・・(>_<)

逆に勝てば価値は上がるので、ビジネス視点で言うと株やFXに近いイメージでしょうか。

②情報(収集が早く、流行に敏感)

織田信長は情報を大切にしており、側近に「黒母衣衆」と「赤母衣衆」という情報伝達の専門部隊を置いてました。加賀百万石で有名な「前田利家」は、赤母衣衆に所属しています。

 

有名な桶狭間の戦いにおいて、25,000人と言われる今川義元(数は諸説あるようですが)に勝利したのも、この情報収集の成果と言えます。

大軍は細い道を同時に進めず、兵力は分散するため、ピンポイントで大将のいる場所(情報)を把握し、集中的に攻めた結果ですね。悪天候の中、明確な目標設定(敵大将の首)とリーダーシップを発揮しています。

この戦いをきっかけとして、信長は天下統一の第一歩を踏み出します。

 

現代ビジネスにおいて織田信長が引用されるのは、桶狭間の戦略的な勝利に加え、的確なリーダーシップマネジメント力が評価されているからだと思います。 

令和のビジネス時代に織田信長が生まれていたら、間違いなくITを駆使してますね!最近企業でもDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれてますが、信長だったらAIRPAにも興味深々だったと思います。

 

また、織田信長南蛮貿易を強く推奨してます。奇抜で新しい物好きのイメージがあり、歴史ドラマでも西洋の鎧を付けてたり、ワインを飲みながら「猿(秀吉)!!」と怒鳴りつけてる名言シーンをよく観ます。

国内の経済政策に加え、海外との交易による富の構築、また積極的に異文化を取り込んでいます。

f:id:Dragonshiryu:20200710192135j:plain

③マネジメント(人材採用と組織編成)

3つ目に、織田信長がマネジメントに長けていたことを挙げたいのですが、強みである一方で弱点でもあると感じてます。

 

まずビジネス視点で、強みとして人材採用」と「組織編成」が挙げられます。

「人材採用」について、天下統一という目標のもと、才能のある人材は身分や接した期間を問わず重く採用していることです。農民の出身である豊臣秀吉や、足利義昭の家来であった明智光秀を要職につけています。

ビジネス視点で言うと、豊臣秀吉は学歴は良くないけど頭がいいTOP営業マン、明智光秀は他企業で働いていた中途入社組ですかね。

 

「組織編成」については、1576年以降で各方面軍を編成してます。自分の有力家臣達に万単位の兵を持つ大軍団を与えて、これを指揮させました。

各方面軍

・北陸方面軍: 柴田勝家

・大阪方面軍: 佐久間信盛(後に追放)

・中国方面軍: 羽柴秀吉

・幾内方面軍: 明智光秀

関東管領軍: 滝川一益

・四国方面軍: 織田信孝

といったかたちです。

今のビジネス企業でも、会社によっては「事業部制」を採用して各部署にある程度の権限を持たせていますが、それに近いイメージだと思います。

これにより、各メンバーが切磋琢磨して成果を目指すのですが、後に追放された佐久間盛信は「サボってると首にするぞ!」という見せしめのような気がしてます(>_<)

織田信長は、「飴と鞭」の使い分けにより、部下の競争による組織の成長を目指していたようです。

 

最後に弱点についてですが、マネジメントにおけるメンバーへのマインドセットにやや問題があったのかもしれません。

この後、織田信長は1582年6月に家臣の明智光秀の裏切りにあい「本能寺」で亡くなります。時代劇などでよく聞く名言、「敵は本能寺にあり!!」のシーンです。

戦国の世であれば謀反は当たり前かもしれませんが、光秀以外にも、多くの武将に謀反されています。(弟の織田信行、若き日の柴田勝家浅井長政荒木村重松永久秀など)

明智光秀織田信長を裏切った理由ですが、諸説あるようです。

・日々の恨みによるもの(過度の叱責、人質となった母親を戦闘で見殺しにされたこと等)

豊臣秀吉徳川家康による黒幕説

・四国の長宗我部元親を擁護するため(信長による四国征伐を回避する)

など。

大河ドラマ麒麟がくる」も後半戦に突入しますが、裏切りシーンがどのように描かれるのか?楽しみです。

 

ビジネスセンスと政策に優れた信長だからこそ、夢半ばでの死は残念に思えてなりません。

「もし信長が生きていたら?」

皆さんも、一度は信長伝説を想像したことがあるのではないでしょうか。

 【ビジネス】もし戦国武将が会社の社長だったら?織田信長・武田信玄・上杉謙信のMVVを考えてみたBlog - 【ビジネスx歴史xアニメ】Dragonshiryu’s blog

 

南蛮貿易で世界に視野を広げた織田信長は、地球儀を片手に未来を想像していたのかもしれません。

当時の世界情勢としては、大航海時代ですね。15世紀中頃~17世紀中頃にかけて、ヨーロッパ人による植民地主義的な海外進出(アフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模な航海)が行われた時代でした。

日本には、1549年にポルトガル船の種子島漂流により鉄砲が伝わり、その後南蛮貿易が行われます。アジア地域では、オランダ東インド会社が設立されるのですが、もし織田信長が海外進出していたら、どのような展開になったのでしょうか?

史実とは違う展開を想像すると、夢が膨らみますね・・

f:id:Dragonshiryu:20200715111638j:plain

その他、「キングダム」「三国志」をビジネス風に考えてBlogを書いてみたので、宜しくお願いします。

【キングダム】ビジネスマンが考える李牧・王騎 - Dragonshiryu’s blog

【三国志シリーズ】三国志って何がおもしろい!?ビジネス視点も交えて解説してみたBlog - 【ビジネスx歴史xアニメ】Dragonshiryu’s blog

#織田信長 #ビジネス #戦国武将

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

【聖闘士星矢】時を超えて蘇る英雄伝説!

◎「NEXT DIMENSION 冥王神話」「黄金魂 -soul of gold-」「パチスロ-海皇覚醒-」聖闘士星矢は続く。

時が経っても色褪せない魅力

少年時代に胸を熱くした1980年代、当時アテナの聖闘士達は15歳前後。時が経った今、彼らは50歳前後に成長している計算になる。

だが、伝説は色褪せない・・。

 

「NEXT DIMENSION 冥王神話

ハーデスの呪いを受けた星矢を救うべく、240年前の聖戦時代(童虎とシオンが若い頃)へ舞台を移し、週刊少年チャンピオンで連載中だ。
注目すべきは、十三番目の黄金聖闘士・蛇遣座が登場する。当時、黄金聖闘士が12人いることが判明しただけでもドキドキしていたが、13人目がいるとは・・!

 

 

黄金魂 -soul of gold-」

冥王ハーデス戦で「嘆きの壁」で命を散らした12人の黄金聖闘士達が蘇る。新たな敵の前でアスガルドを舞台に、黄金聖衣の神聖衣バージョンをまとい激闘を繰り広げる。

アイオリアを中心としたスピンオフ作品として描かれており、黄金神聖聖衣はまさに圧巻!

 

 

パチスロ-海皇覚醒-」

タイトルの通り、ポセイドン編をベースとしたメーカー三洋のスロット機種である。

登場人物として、海馬のバイアン、海魔女のソレント、海龍のカノン等の海闘士(マリーナ)を相手に戦うが、魅力的なのが黄金聖闘士 VS 海闘士(マリーナ)の演出が追加されていること。このシーンはなかなかお目にかかることが出来ないが、激熱演出となっている。

f:id:Dragonshiryu:20200709162412j:plain

黄金聖闘士の登場シーン

f:id:Dragonshiryu:20200709162517j:plain

アテナの激熱ボタン

この時は、メダル5,000枚以上出た気がする。(なかなか勝てないので、トータルで赤字ですが・・)

もちろん、アイオリアやシャカ、ムウ等の黄金聖闘士も登場しますが、やはりサガが一番激熱のようです。FAN心を刺激する憎い演出ですね。。

フィギュアに魅せられた少年時代

忘れてないけないのが、聖闘士星矢フィギュアのクオリティの高さです。

80年代、少年達には高価でなかなか手が出なかった聖衣フィギュアですが、更に質(クオリティ)と値段が高くなり、続々発売中です。

当時の初期クロスと比較してみて下さい。35年経って技術の発達を身近に感じられると思います。

f:id:Dragonshiryu:20200709170515j:plain

80年代のドラゴン紫龍

f:id:Dragonshiryu:20200709170536j:plain

割と最近のドラゴン紫龍

約35年の間に、彼らはこんなに成長しています!

我々も大人になるにつれ仕事が多忙になり、また守るべき家族も増え、当時と同じ心境になることは稀だと思います。そんな仲間達に質問です。

 

『君は・・・小宇宙を感じたことがあるか?!』

 

次回、「聖闘士との思い出」

https://dragonshiryu.hatenablog.jp/entry/2019/04/21/100159

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

【キングダム】ビジネス視点で考える信・王翦・李牧・王騎の戦略

◎人気漫画キングダムに登場するキャラクター【信・王翦・李牧・王騎】を、ビジネス視点で勝手に解説してみました。

◆キャラクターの魅力

ご存じの通り、『キングダム』は、累計発行部数6400万部を超える中華戦国大河ロマンである。先日、映画続編決定の発表もあり、アニメ・映画だけでなく戦略視点でビジネスマン向けの書籍が発表される等、幅広い年代で大人気です。

f:id:Dragonshiryu:20200707180628j:plain

©︎原泰久集英社「キングダム」58巻表紙より

まず、キングダムの主役であるのリーダーシップは、ビジネスの場でもとても参考になります。自分が率先して先頭に立つことでビジョンを明確に示し、周りのメンバーを巻き込んでいく。

戦略よりも実践型のリーダーですが、ビジネスの場面でもああいう先輩・上司がいたら頑張れますよね。どんなピンチな時でも、彼の自信と勢いがあれば、不思議と乗り越えられる気がしてきます。

稀に、「どこでその剣術習ったの!?」ってくらい強い時がありますが、その奇跡を起こす力も信頼に繋がっているんですね。

 

次に、王翦(おうせん)の先を見通す力と戦略は群を抜いています。絶対に敵として出会いたくない。「絶対に負ける戦はしない」がモットーの彼ですが、練りに練った戦略があるからこそ、自信をもって戦えるんですね。

 

魏国との山陽攻略戦において、山中から無傷で戦況を見守ることにより、元趙国三大天の廉頗(れんぱ)に撤退の決断をさせています。仮に、そのまま戦闘を継続したら、必ず勝てる陣形をひいたことによる戦略的勝利だと思います。

また、函谷関攻防戦においても、王翦の力は発揮されます。秦軍左翼において、燕のオルドと向き合い戦いますが、初戦はあっさりと退却してしまいます。その後、後方の山岳に兵を潜ませて、函谷関の背後を狙うオルド軍を撃退しています。

 

山陽攻略戦函谷関攻防戦においても、王翦は敵の7手ほど先を読んで行動しているように思います。

山陽攻略戦

①廉頗との戦いで撤退する →②優位と思った敵は追撃してくる →③山中に密かに築いた砦へ立てこもる →④簡単に攻められない敵は、本陣を狙い反転する →⑤本陣との戦いは一進一退の攻防となり、兵力は拮抗する ⑥無傷の王翦軍に気づき、これ以上の戦いを断念する →⑦秦軍勝利

函谷関攻防戦

①燕軍・オルドとの初戦であっさり撤退する →②優位と思った相手は追撃し、山中から函谷関の背後を狙う →③反対側面の山岳へ兵を潜ませ、これを撃退する →④山中での伏兵を警戒して、オルド軍は動けなくなる →⑤自分が守る秦軍左翼の反対、右翼においても敵は同様に函谷関の背後を狙う可能性がある →⑥函谷関背後の防衛のため、オルドとの戦いを捨て函谷関背後の防衛に回る →⑦函谷関防衛成功

 

正に戦略の勝利ですよね~。

キングダム作中においても、目を覆う鎧(アイマスク?)を付けていることが、より掴みどころの無いキャラクターを演出してます。

ビジネスの場でも、大型案件のコンペで競合他社にああいう人間がいると困るんですよね・・(>_<)勝てない!流石にサングラスはNGですが、マスク着けてるだけでも強そうに見えます。コンペの勝敗は、事前の準備と戦略で8割方決まる!

個人的には李牧ファンですが、彼の戦略・戦術と視野の広さには毎回驚かされます。戦闘の1シーンにおいても知力を発揮しますが、同時に中華全土の勢力図が常に頭に入っていて状況に応じて臨機応変に判断を変えています。ミクロとマクロの視点から、戦略を的確に捉えてます。ビジネスで言うと、マーケティング部長といった感じでしょうか。

キングダム一の知恵者であり、戦略家です。

f:id:Dragonshiryu:20200707182839j:plain

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

函谷関攻防戦において、合従軍による連合を企画し指揮したのも李牧でした。

合従軍結成の理由として、「山陽支配と東郡への都市名変更の宣言」は中華の詰みの一手だったと、李牧と楚の宰相・春申君は言っています。

囲碁の一手で例えると、山陽は正に戦略的重要拠点で、放置すれば秦に中華全土を支配されるというストーリーが描けていたんですね。

この戦略的先見性と、李牧の外交交渉力によって合従軍は実現したんだと思います。

 

ビジネスの世界でも、

「営業マンは優秀なのに、なぜか売上が伸びない・・」

「企画書のクオリティは同じなのに、なぜかコンペで勝てない・・」

といったことが起こります。

そんな時は、

「営業戦略とリソースの使い方に誤りはないか?」

「提案アプローチ先は間違ってないか?決裁者を正しく把握できているか?」

李牧のキングダム的視点で、冷静に考えるようにしています。

 

忘れちゃいけないのが、王騎将軍ですよね。圧倒的な実績とカリスマ性を備え、お姉系のキャラクターが読書の興味をそそります。過去の経歴含め、もっと知りたい人物です。

秦の六大将軍としての影響力に加え、背中で見本を示すことで副官・騰 ( とう )など、部下育成とマインドセットにも力を入れています。

 

余談ですが、映画版で大沢たかおのセリフは最高でしたね。

「んふっ。」

・・・もはや、役者の鏡だと尊敬してます。 

このように、キングダムはビジネスマンにとっても非常に学ぶべきとこが多く、面白い作品となってます。

 

◆原先生のビジネス経験

コミック54巻に原作者の原先生のインタビューが掲載されてましたね。

それによると、先生は映画監督を目指し大学進学し、卒業後に一時システムエンジニアとして働いていたようですね。キングダムが、なぜか身近で空想マンガに思えないのは、そうした実体験が背景にあるからかもしれません。

 

また、ヤングジャンプの「キングダム」公式ページで、ビジネス風にアレンジした全表紙を掲載してます。第1話の無料試し読みもあるので、まだ未読の方はぜひ見てみて下さい!

 【各巻キャッチコピー

乱世を生き抜くために、すべてのビジネスマン必読の書!
#キングダム経営論

1巻「言葉にすれば夢は動き出す」語ることからはじめよう
2巻「政治の天才」中国史に学ぶ英才教育
3巻「多様性社会のリーダーシップ」人種・性別を超えて共生していく職場
4巻「弱者のサバイバル論」力がなくても戦える
5巻「たった二人の熱狂」ドラマはいつも、二人から始まる
6巻「ゾーンの入り方」能力を最大限に引き出す
7巻「リーダーの条件」ライバルからも愛される
8巻「人を変える言葉力」声のかけ方で組織は変わる
9巻「バカという才能」直感で動く本能型の思考法
10巻「不動力」時には「動かず」も、大事な戦略
11巻「愛され力」愛嬌こそ、最大の武器
12巻「実戦でこそひとは育つ」うだうだ言わずにとにかくやってみる力
13巻「管理職になったら必ず読んでください」部下をファンにする最強仕事術
14巻「最強チームのつくりかた」「組織」ではなく「チーム」の時代へ
15巻「戦略2.0戦う前に勝負は決まる
16巻「リーダーの最後の仕事」後継者へ。何を残し、何を託すか。
17巻「世界再興戦略」平和のグランドデザインを描く
18巻「「自分」を仕事にする方法」人生全て思うがまま
19巻「ライバルを見つけよう」あなたは切磋琢磨できる仲間がいますか
20巻「嫌われる覚悟」全部、うまくいく。
21巻「歳の重ね方」かっこよく老いていくためには。
22巻「仕事は「仲間」が9割」いちばんの経営資産は「仲間」です
23巻「戦略で夢を叶える」人生を変える戦略脳の育て方
24巻「信じる勇気」チームは信念でつくられる
25巻「世界のエリートはなぜビジョンを語るのか
26巻「側近力」リーダーを支える もう一つのリーダー像
27巻「人を動かす技術」指示待ち人間にならないために
28巻「悪い男はなぜモテるのか」「あの人いい人だよね」で終わりたくない人へ。
29巻「魅惑の戦術論」戦いの天才は、敵さえも魅了する
30巻「仕事のあとの酒はなぜうまいのか」すべては最高の乾杯のために

*【YOUNG JUMP「キングダム」特設サイト】https://youngjump.jp/kingdom/business/#/

 

う~ん、マンガって奥が深い!

他にも、織田信長三国志の記事も宜しくお願いします。

【戦国武将シリーズ】織田信長のどこがスゴイ?ビジネス風に考えてみたBlog - Dragonshiryu’s blog

【三国志シリーズ】三国志って何がおもしろい!?ビジネス視点も交えて解説してみたBlog - 【ビジネスx歴史xアニメ】Dragonshiryu’s blog

 

 

 

#キングダム #ビジネス #信 #李牧 #王騎

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

【東北~北海道旅行記】弘前城・三内丸山遺跡・五稜郭へタイムスリップ

◎歴史マニアによる弘前城三内丸山遺跡五稜郭への旅行記です。

◆青森編(弘前城三内丸山遺跡

旅の魅力は、大きく2つあると考えてます。

1.地理的な移動(横軸):場所の移動によって非日常的を感じられること

2.時間を超えた空想(縦軸):歴史的な名所を訪れることで過去にタイムスリップした感覚になれる

年明けに一週間ほど旅行してきたので、簡単にレポートします。

 

東京から新幹線で新青森で降車。駅内にねぶたの展示があります。

ねぶた祭りは8月上旬に開催されるようです、いつか参加してみたいですね。

f:id:Dragonshiryu:20200709120822j:plain

駅構内のねぶた

到着が夜だったので、ホテルで一泊。翌日、弘前城へ行ってきました。

弘前城は、陸奥国弘前藩(現在の青森県)の津軽為信(つがるためのぶ)により起工された城です。津軽為信って!?私もゲーム「信長の野望」で名前を聞いたことある程度で、詳しく知りませんでした。戦国時代に津軽地方を統一し、豊臣秀吉徳川家康に仕えた方のようです。

織田信長武田信玄など、有名武将の人生も素晴らしいですが、まだまだ未知の戦国武将の人生を知ることが出来るのも旅の醍醐味です。

f:id:Dragonshiryu:20200707152153j:plain

弘前城】東北で唯一現存する天守

冬の期間は天守閣が閉鎖されているので、外観だけ見学してきました。

また、4月以降も新型コロナウイルスの感染予防と拡大防止のため、弘前城天守は閉館とのことです。訪問予定の方は、事前にご確認を。

<HPはこちら>

弘前公園内の有料区域・料金情報 | 弘前公園総合情報

今回は冬の訪問となりましたが、春の桜は最高にキレイみたいです。

 

次に、少し遠いですがバス移動で三内丸山遺跡を訪問。

遺跡なんて、小学生時代のテスト勉強以来でしたが、思いのほか新鮮でした!

写真は当時の住居を再現した建物ですが、今でも十分暮らせるレベルですよね。都会の暮らしに疲れた時は、半年くらいこういう生活もいいかもしれませんねw

f:id:Dragonshiryu:20200707152147j:plain

三内丸山遺跡内の住居(再現)

Netflixの海外ドラマで、『LOST』にハマった時期がありましたが、ドラマの家よりもクオリティ高いです。この空間の中で生活して、狩りや漁、交易をしていたと想像するとワクワクしてきます。

*『LOST』は、2004年~2010年5月までアメリカで放送されていたテレビドラマ。現代人が無人島へ墜落して文明の無い生活を送る中、さまざまなトラブルに遭遇する。日本人では真田広之さんも出演してます。

 

三内丸山遺跡を訪問後、北海道へ船で移動します。

青函トンネルで新幹線移動も出来ますが、あえて船での移動です。津軽海峡フェリーを使って、青森から約4時間弱の船旅ですが、なかなかロマンがあります。

料金は時期によって異なりますが、片道4千円前後で乗船出来ます。私は、ビューシート席を予約しましたが、なかなか心地よかったです。(海が見えるグリーン車のようなイメージ)

f:id:Dragonshiryu:20200709123802j:plain

津軽海峡の港

津軽海峡フェリー」HPも載せておくので、興味ある方はご参考下さい。

https://www.tsugarukaikyo.co.jp/

次は、函館へ渡って北海道編です。

 

◆北海道編(五稜郭

函館では少し高めのホテルを予約して、温泉を満喫。

訪問の目的は、五稜郭(ごりょうかく)」です。五稜郭は、江戸時代幕末に開港された蝦夷地防衛の城郭ですが、西洋の城をモデルに建築されているんですね。

あの新選組・鬼の副長で有名な土方歳三(ひじかた としぞう)」が、戦死した場所でもあります。写真の展示や銅像がありますが、ほんとイケメンですね!

f:id:Dragonshiryu:20200709125824j:plain

尊敬する「土方歳三」先生

彼は旧幕府軍(徳川方)なので、戊辰戦争で新政府軍に敗れた後、榎本武揚(えのもと たけあき)と共に北海道へ落ち延びます。

北海道で独立政府をつくるのを夢に、最後まで奮闘する姿勢には感動させられます。

1869年6月、箱館五稜郭の防衛戦で戦死。享年34歳でした。

 

また旅行した際に、役立つ情報があればアップしていきます。

お薦めの場所や体験がありましたら、ぜひ教えて下さい!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村